MENU

転職エージェントって?使うことの4つのメリット

 

転職エージェントとは転職の相談や求人紹介、面接のセッティングから内定後の給与交渉まで転職に必要なこと全てをサポートしてくれるサービスのことです。原則的に登録者は無料で利用することができます。というのも、このサービスは紹介を受けた企業から年収の何割かを紹介料として受け取るというビジネスモデルで運営されているからです。多くの人材関係の企業がこのサービスを行っており、エンジニアなど特定の職種・業界に特化したものや、第二新卒限定、管理職専用など年齢層や特定の年代、役職の仕事紹介に強いものなどもあります。
このサービスを利用する最大のメリットは大きく四つあります。
一番大きいメリットは転職活動に必要なことをサポートしてくれることです。転職活動では職務経歴書の作成や面接対策など始めて経験することが多くどうしていいかわからない場合があります。その時に様々なアドバイスを無料で受けられることで転職活動を有利に進められます。
次のメリットは自分のキャリアを客観的に見つめなおすことができることです。転職相談を通じて自分がこれまでやってきたこと、強みなどを改めて担当者と振り返ることができます。これによって、今後のキャリアの方向性が決まりますし、場合によっては転職しないで今の会社でキャリアを磨く方が良いという結論に達する場合もあります。どちらにころんでも自分のキャリアにとっていい影響があります。
そして三つめが転職サイトに載っていない非公開求人を紹介してくれることです。企業によっては中途採用を行っていることを知られたくない企業もあります。そのような場合、非公開求人という形で転職エージェントを通して採用活動を行う場合が多いです。転職サイトでは自分の働きたい会社が見つからなかったけど、非公開求人で自分にとってあう企業がみつかったという事例もあります。
最後に面接では伝えきれなかった応募者の魅力を人事に強力に後押ししてくれることです。エージェントの担当者は応募者の人となりやアピールポイントと応募先企業の仕事内容や求める人材の両方を把握しています。そのため、なぜこの人がこの会社に合うのかということを第三者の視点からもアピールしてくれますので転職サイトを通して応募するよりも内定が得られやすいというメリットがあります。
ただし、エージェントの担当者も人間ですので相性があります。合わないと感じた場合は他の担当者へ変えてもらうなどの対策を取った方がいいでしょう。

 

どんな人が転職エージェントを利用すると得をする?

 

職場選びをするならまずは求人情報を集める所から始まります。沢山の求人情報の比較をして条件が良い、自分の就きたい職場を見つける事が出来れば長期間仕事を続けても嫌な気持ちになりません。しかし現実はそこまで簡単に上手く行く訳でも無く、求人情報を自分で沢山集めてから、ゆっくりと比較しなければならないのでとても手間がかかります。更に自分の希望に合いそうな求人情報を見つける事が出来ても応募して必ず受かる訳ではありません。何度も職場選びをし直してやっと職場に就ける方も居れば、全く職場に就けない方も居ます。求人情報を探す方法は沢山増えてきているので、悩んだら転職エージェントに相談をするのも一つの手です。転職エージェントに相談をすると自分の希望している仕事の条件や所持しているスキルを確認された後、最も相性が良さそうな職場を紹介して貰えます。基本的に無料で利用出来るサービスなので、利用をして得をする事はあっても、損をする事はありません。転職エージェントに相談をする事で得をする方の特徴はいくつかありますが、年齢が高い方は得をしやすいです。年齢が高くなってくるとやはり雇ってくれる職場が見つかりにくくなり、転職を成功させるのも困難になってきます。しかし専門のアドバイザーに相談をしていれば自分を雇ってくれるような、人手不足で悩んでいる職場とちゃんとマッチングしてくれるので職業探しをする上で有利になります。専門のアドバイザーから紹介されたとなると雇う側もちゃんとどういった方なのか確認しなければならないので、細かい部分までチェックされて面接にも受かりやすくなります。何らかの資格を持っている場合でも相談をすると得をします。資格を持っている方はそれだけでも有利な状態で職場探しを始める事が出来ますが、専門のアドバイザーはその資格を持っている事でどういった職に就きやすくなるのかちゃんとアドバイスをくれます。マッチングをした時にも雇う側に伝えてくれるので面接で有利になります。一部の専門の職業に就きたいという時にも相談をすると職場に就きやすくなります。専門の職業は求人情報自体が少ないので比較をするのに手間がかかりますが、求人情報を紹介して貰えるサービスなら働きやすそうな職場の中から探し出して来て貰えるので、単純に求人情報を選びやすくなります。複数のサイトでサービスを利用してもペナルティは無いので、好きな時に気軽に利用しましょう。

 

転職エージェントの利用は転職成功への近道

 

30代に突入すると勢いで乗り越えてきた20代とは違い、将来への不安が募ったり自分を見つめ直す機会が増えてくることでしょう。人生設計を見つめ直し転職を考える方も多いでしょう。転職をする際には幾つかの手段があります。一般的に、ハローワークを利用する場合と、ネット等で自ら求人を見つけて応募する方法、ヘッドハンティングなどがあげられます。その他に転職エージェントを利用する選択肢があります。ここではそれを利用することでどのようなメリットを得られるのかをご説明します。まず最初に、他では見ることのできない程の数多くの求人が集まることがあげられます。なぜなら企業側はエージェントを間に通すことで、求める人材とのミスマッチを防ぐことができるからです。実際エージェントは数多くの様々な条件の求人を抱えていますが、転職者の能力に見合った、採用の可能性がある求人のみを紹介してくれます。はなから適合しないであろう企業に応募しても採用されないため、何の利益も生み出さないからであるといえます。この手段を利用することによって、無駄な時間を使うことなく転職活動を進めることができるといえます。次に、履歴書や職務経歴書の添削や面接のアドバイスを行ってくれるメリットがあります。数多くの企業に履歴書を提出しても、書類審査が全く通らず面接にこぎつけることができないという話はよく耳にされるでしょう。履歴書を添削してもらうことで、転職のプロに自分では気づかなかった魅力を最大限に引き出してもらいうことが可能となるのです。面接においても、30代になると実践経験やスキルがある程度求められるため、新卒の際の面接とはまた違ったものになります。転職を成功させることのできるような受け答えのアドバイスをもらえることは、不安を抱える転職者にとっては大きな励みになるといえます。親身に相談にのってくれる為、精神的にも楽に転職活動ができるのです。また、一度履歴書を提出することで企業へのエントリーや面接のスケジュール管理などはエージェントが行ってくれるため、転職者は書類作成や電話対応などに労力を奪われることなく転職活動に集中できます。しかもこれだけの手助けをしてもらっても転職者にとっては金銭的負担は全く発生しないというから驚きです。
転職エージェントを使うことは、精神的にも労力的にも大きなメリットがあるといえます。転職エージェントは、転職を実現させるための有効な手段であるといえるのです。

 

転職エージェントを使うデメリット

 

転職エージェントを使うデメリットですが、まず転職サイトとの大きな違いはキャリアアドバイザーがついてくれることです。キャリアアドバイザーがつくことで、転職先の希望や条件等の相談、面接のアポとりや日程調整、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスがもらえる等、支援していただける内容が多いほか、キャリアアドバイザーは常に様々な企業をリサーチし、求人案件を探してきていますので、転職を検討する方が知らない企業情報や裏情報を事前に教えてもらうことができ、メリットがあります。しかし、今までの転職サイトは企業の採用情報を入手してからは、どちらかというと転職希望者側の立場に立ち情報を公開していますが、キャリアアドバイザーは企業と転職希望者のお互いがWINWINになるようつなぎあわせることを目的としていますので、転職希望者の都合だけを尊重するわけではなく、企業側のメリットも当然ながら考慮します。よって企業側の人材不足が深刻な状況の場合、キャリアアドバイザーは転職希望者がその企業を選択するように企業の良い面を少し誇張して伝えたり、悪い面を隠したりするキャリアアドバイザーもいるのも現状です。勿論、間違ったことを伝えたり、大事なことを隠したりすることは後々発覚した場合に問題となるため極端なことはないですが、転職における条件、待遇、職場環境、人間関係等は非常に微妙なところもあり、企業側の都合を加味したアドバイスによって何らかの判断ミスを行ってしまうことがないともいいきれません。また、自分の損得を考えるキャリアアドバイザーにも注意が必要です。キャリアアドバイザーの評価は引き合わせ件数で決まるところが多いため、自分が高評価を得るために強引に引き合わせを行うキャリアアドバイザーがいることも現実であり、まだ迷っている最中であるにもかかわらず、自分の情報を企業に提出されるケースも少なくありません。転職エージェントは非公開求人案件を保有していることが売りですので、転職希望者は登録先をひとつに絞らず、複数登録することが一般的です。そのため、同一人の情報が異なる転職エージェントから同じ企業に出されるケースも少なくなく、その場合早かったほうを企業側が採用することになっているからです。このように、キャリアアドバイザーの利用は多数のメリットがありますが、人がからむ以上、その人の主観や個人的損得の影響を受けることはさけられません。

 

どうして転職エージェントは無料なのか?ビジネスモデルを開設!

 

転職の相談や会社の紹介、面接指導から給与交渉まで転職活動において応募者のありとあらゆることをサポートする転職エージェント。
このサービスは応募者はサイトに登録するだけで無料で使えますがなぜ無料なのでしょうか。
その理由は転職エージェントのビジネスモデルにあります。
転職エージェントは応募者でなく紹介する企業から報酬をもらっています。なぜならこのサービスは企業の採用活動のお手伝いをしているからです。企業が採用活動を行うと言う事は実は非常にコストのかかることです。募集広告を掲載してもらい、大量の応募者の選考を行う必要があり、費用、業務量ともに大きい割にはほしい人材になかなか出会えないということが多々あります。そのため企業はこのサービスを利用します。担当者は企業の特徴やビジョン、ビジョンの実現のために必要な人材、入社後のキャリアプランなどを詳しく聞き取ります。そして転職希望者との面接の中で希望者の求める企業像や経験が合致した場合には希望者を企業に紹介します。
これによって企業側は自由応募にするよりも宣伝費や人件費などのコストをかけずに自社の求める人材像に合致した人間が応募するため質を確保しやすいというメリットがあります。このため、企業はエージェントに報酬を支払っています。これによって応募者は無料で転職支援サービスが受けることができます。
それでは一体どれくらいの金額がどのタイミングで企業からエージェントに支払われているのでしょうか。
報酬を支払うタイミングについては大きく2つのパターンがあります。先に報酬の一部を支払い、残りを採用活動が成功した場合に支払うパターンと、採用活動が成功して全額支払うパターンです。前者の場合はある程度の収入がエージェント側も確保できますが、後者だと応募者が採用されなければ収益を上げることができないため非常に厳しい世界です。また企業が支払う報酬額はエージェントによって変わりますが一般的な相場は応募者の入社時年収の25%から35%ほどと言われています。これは景気によっても左右され、好景気によって採用意欲が高い時は報酬額が上がります。なお海外など転職があたりまえの国では報酬額はやや低いようですが、日本ではまだ転職が根付いていないためやや割高となっています。ただ、いずれにせよ報酬額は非常に高額ということが分かりますが、それでも企業が自前で採用活動をするより効率的だからこのサービスが成り立っていると言えます。

 

転職したいあなたが知っておくべきことは?情報が強い味方に!

 

転職を考えているあなたは、一体最初に何を考えますか。今の職場の不満理由から、転職先を考えるかもしれません。また自分が好きな仕事に少しでも近づきたいという思いから、転職先を探すかもしれません。転職先を探す方法として様々なものがあります。転職サイトを覗いてみた、という経験がある方もいるでしょう。多くの求人情報が、並んでいますよね。しかし転職エージェント、という言葉を知っていますか。同じ転職という言葉を使っていても、サイトとエージェントの違いって一体なんなんだろう、と思われるかもしれません。転職サイトとは、求人情報が掲載されているサイトのことです。ここで情報を得て、自分で全ての転職活動を行います。一方転職エージェントには、求人情報だけではなく、転職活動をサポートしてくれるアドバイザーが存在します。しかし、この2つのサービスは、基本的に異なるものだという認識が必要です。そして、この2つの違いをしっかり把握することが、転職活動の大きな味方になるとも考えられます。求人数で考えてみますと、転職サイトの方が多いと言われています。しかし両方に出す企業もありますので、情報という面ではどちらが有利であるとはいえない状況です。また転職エージェントの方が面接に辿り付けそうですが、実際の採用となりますと、本人の実力次第ということになります。しかし面接者が同じ条件ならば、どちらが有利なのでしょうか。それは求人を出す企業が、採用した人の年収から取り決められた割合の金額をエージェント側に支払うことを考えると、サイト応募者の方が有利とも考えられます。その一方で、転職活動の様々なことをサポートしてくれるエージェントの存在は、とても有り難いともいえます。一長一短、と考えることが公正な判断なのかもしれませんね。この2つを賢く利用することも、転職活動の方法のひとつかもしれません。しかし溢れる情報をなかなか上手く活用するのは、思っている以上に大変なことです。転職先を探しているうちに、時間だけが過ぎ去ってしまう、ということは現実にあることです。そのような時間を無駄だと思うのであれば、様々なサポートや情報を提供してくれるエージェントに登録することも、ひとつの選択といえるでしょう。エージェントに登録することによって、公開されていない情報を得ることも可能な場合もあります。転職情報を有効に活用することから、あなたの転職がスタートするといえるかもしれませんね。

 

転職活動の強い味方!転職エージェント利用の流れ

 

転職エージェントと呼ばれる転職支援サービスが、転職希望者の心強い味方として知られています。転職エージェントでは、自分で求人を探して応募するという転職サイトを利用する場合と流れが異なり、転職希望者ひとりひとりにキャリアカウンセラーと呼ばれる転職の専門家が、無料で履歴書の書き方や面接対策、面接の日程調整や内定後の給与額交渉まで様々なサポートをしてくれます。そのためより満足度の高い転職活動を行うことができるといわれています。
では、実際に転職エージェントを利用する際には、どのような流れで転職活動をしていくことになるのでしょうか。
まず、ネットからキャリアカウンセラーとの面談の申し込みをします。申し込みの際に、氏名や住所のほかに勤務地や休日、職種などの希望条件などいくつかの項目を入力します。追って担当となるキャリアカウンセラーの方から電話あるいはメールで連絡があり、キャリアカウンセラーとの面談に進みます。この面談ではカウンセラーと求職者が直接会って話をし、転職理由やキャリアの棚卸、希望の職種や条件などの聞き取りなどの今後の転職活動についての打ち合わせを行います。この面談をもとに、キャリアカウンセラーは自身が持っている非公開求人と呼ばれる転職サイトなどで一般的に公開されていない求人の中からマッチングするものを紹介してくれます。求人が非公開になる理由は、新規ポジションで内密に採用を行いたいためや一般公開すると応募者が集まりすぎてしまうなど様々な理由があります。
求人応募の前には、履歴書やキャリアシートをカウンセラーに提出します。面談の時の情報をもとに、改良したほうがいい点などを教えてもらえます。どうアピールすればいいのかわからないなど不安なことがあれば、もちろん相談にも乗ってもらえます。
求人への応募のやりとりはすべてカウンセラー経由で行います。紹介された求人に応募したいものがあればカウンセラーから履歴書などを企業に送付してくれます。書類選考が通り、面接へ進む段階になればカウンセラーが間に入って日程調整をしてくれます。在職中で終業後に面接してほしいという希望も、カウンセラーが伝えて調整してくれます。
もし不採用になってしまった場合はカウンセラーからフィードバックがあり、次へと生かすことができます。
内定を得ることができた場合、もし条件に不満があればカウンセラーから交渉をしてもらえます。入社日を決める際にも自分から言いにくいことでも、プロに交渉をお願いすることで、満足のいく条件を引き出すことができる可能性が高いです。

 
このページの先頭へ