経験不足も武器にしちゃおう!転職エージェントの活用方法

 

経験不足も武器にしちゃおう!20代の転職エージェント活用法

「転職したい」−理由は人それぞれですよね。派遣社員として働いていて経験を積んで正社員になりたい人や、そもそも現在の職場に不満がある人、結婚などで転職を余儀なくされる人など、転職の数だけ様々な事情があります。転職経験者の多くは、一度は転職エージェントへ足を運び、登録を行った経験をお持ちなのではないでしょうか。
20代の比較的若い世代や、第2新卒と呼ばれる人たちは、一般的に転職には有利と言われています。しかし「若者」と呼ばれるこの世代に足りないものは、何といっても経験です。30代後半や40代の人達のように、リーダー経験がないことがほとんどですし、正社員として働いた経験自体ないということも珍しくはありません。経験不足の状態では、リーダーやマネージャー経験必須といった案件や、経験年数重視のポジションばかりを紹介するところはあまり向いていません。では、どんなことに目を向けて転職エージェントを選べばよいのでしょうか。
選び方としてまず大切なこと、それは自分の希望の職種に強い転職エージェントを選ぶことです。いくつかピックアップしたうえで、1つだけでなく複数登録するといいでしょう。そうすれば色々なお仕事の情報が入ってきやすくなります。ピックアップしたら、それらが希望の勤務地に強いか、またその地域に支店を持っているかをチェックしましょう。希望勤務地に支店があるという事は、営業担当者が定期的にその地域を回って案件を獲得していることになります。
もし経験などに自信がなかったり、正社員勤務経験がないのであれば、「紹介予定派遣」という仕組みを利用して転職するのも一つの手です。紹介予定派遣とは、一定期間企業に派遣社員として雇用されたのち、双方が合意すればその企業に正社員として雇われる、という制度です。いきなり正社員での転職に抵抗がある人でも社内の様子を見てから就職するかどうか決めることが可能です(もちろん、企業の方の合意も得なければいけませんが)。そういう場合は、紹介予定派遣の案件をたくさん持っているところがないか探してみましょう。
登録へは、必ず履歴書と職務経歴書を自分なりに頑張って書いてみましょう。カウンセリングでは、履歴書の書き方などをいろいろ教えてくれるはずです。ここで色々アドバイスをもらって、提出書類にさらに自分なりの磨きをかけていきましょう。自分では気が付かなかった自分の長所や、自分がどういう人間なのか、さらに深く掘り下げるいい機会になるのではないでしょうか。この新しく引き出した魅力を企業にアピールすれば、内定への近道になる事間違いなしです。