転職成功の秘訣!30代で利用する転職エージェントの選び方

 

転職成功の秘訣!30代で利用する転職エージェントの選び方

昨今では転職を行うのが当たり前の時代になりましたので、いま勤めている会社ではこれ以上成長できない、十分な実力があるのに上のポストが空かず役職に就くことができないなど個人的・環境的など様々な理由で転職が行われています。しかし、その全ての人が転職に成功しているわけではありません。中には転職する前の方がよかったと後悔してしまうケースもありますので転職は慎重に行う必要があります。
20代では若さを武器に未経験の仕事でも求人があり挑戦していくことができますので、例えば転職サイトで気になった会社にはどんどんアプローチしても良いでしょう。これが30代になると育まれた社会性や専門性、それまでに携わったプロジェクトや残してきた実績などが重視されるようにもなり、文字通り即戦力として入社できなければ採用は難しくなります。こうした状況で転職を成功させるためには個人と企業のミスマッチを防ぎお互いのニーズを繋ぎあわせる作業が必要になります。そのためには転職サイトではなく転職エージェントを利用します。1度利用登録すると担当者が利用者のニーズをヒアリングしてマッチした求人を紹介してくれますし、求人を出している企業の情報を詳しく教えてくれたり入社前に給与交渉を行ってくれることもあります。ですが、インターネットで検索してみても分かるように転職エージェントのサービスを提供している業者は沢山あって、どこを利用すれば良いのか迷ってしまうのが現状です。
選び方としては、まず複数の登録を行います。それぞれ得意としている企業の分野が違うこともありますし、業者が違えば担当者の質も変わります。経験不足の担当者になれば自分にマッチした求人を紹介してもらえる可能性も低くなるかもしれませんし、ベテランでもとにかく採用まで持っていこうとする人もいます。事前に口コミなどで知ることもできますが、その転職エージェントはどんな業者なのか、自分にはどんな担当者がつくのかは残念ながら利用してみないことには分かりません。複数の登録を行うことで紹介される求人数も多くなり担当者との調整も多忙にはなりますが、徐々に利用する業者を絞っていくことで自分に最適な転職を行うことが可能になります。また、自分が転職したい分野に特化している業者に絞ることで更に転職しやすくなります。
30代というのは会社の中心になっていく存在ですので、その年齢で入社するということは企業から求められる人材でなければ活躍することは難しくなります。それをしっかりと把握している担当者に巡り会うためにも、取捨選択をする選び方は重要と言えます。