必見!転職エージェントを利用する前に知っておくべきこと!

 

必見!転職エージェントを利用する前に知っておくべきこと!

転職を考えた、あるいは、転職したことがある人なら誰もが、職探しや履歴書作成などといった転職するまでの一連の転職活動を煩わしいと感じた経験が少なからずあるのではないでしょうか?転職はある種、賭けのようなものです。何故なら、転職する人の多くが転職先に明確な希望を持っており、その希望が100%叶う職場を見つけることはとても難しいことだからです。そこで、希望の叶う転職先を紹介してくれる転職エージェントを利用することはとても有用です。しかし、やみくもに利用したのでは意味がないどころか無駄に終わってしまう可能性すらあります。その様な結果に終わらないようにするために転職エージェントを利用するに当たり知っておきたい注意点は抑えておきましょう。まず、転職エージェントには「総合転職エージェント」と「特化型転職エージェント」があります。転職する業種によって、それぞれにメリット、デメリットがあり、転職エージェント選びは転職をする過程で最も大切です。そこで、転職エージェントを選ぶ上で注意すべきことに焦点を当ててみてみましょう。最初に、先程触れた2つの転職エージェントについてですが、総合転職エージェントは業種を問わずあらゆる業界の案件を大量に保有しており、特化型転職エージェントは専門とする業種、或いは、エグゼクティブ層など特定の層といったように限定された案件を保有しています。ここで注意したいのがエージェントの選び方です。希望する業種が外資系企業やアパレル会社、エグゼクティブ層でなければ、基本的には総合転職エージェントを選ぶと良いでしょう。前述のような業種の場合は専門的な知識が必要なことや例えば、店舗見学が必要な特殊な案件などにも対応可能といった理由から特化型転職エージェントの方が有利です。しかし、特化型転職エージェントの場合、中小企業が多いことから、案件が少ない可能性があります。納得のいく転職をしたいのであれば、総合転職エージェントと並行して利用することが大切です。また、どちらを利用するにしても、1社に絞らずに数社から自分に適した転職エージェントを選ぶ必要があります。何故なら、転職エージェントにもそれぞれカラーや得意分野があり、合う合わないがあります。また、担当の転職アドバイザーに置いても同様のことが言えます。転職エージェント選びが転職を左右すると言っても過言ではありません。希望の転職先を見つけるための最短距離だと考えて、適切な転職エージェントと転職アドバイザーを選びましょう。